• 東京六甲室内管弦楽団

    Tokyo Rokkou Chamber Orchestra ( TRCO )

  • - 東京六甲室内管弦楽団について -

     

    103 年の歴史を持つ神戸大学交響楽団の卒業生とその家族や友人を中心に、2017 年に創設された室内管弦楽団です。

    指揮者なしというユニークなスタイルで、メンバー1人ひとりが培ってきた音楽表現を大事にしながら、練習では全員が音楽作りに参加することで美しく調和のとれたアンサンブルを目指します。

    ひとつの作品をより深く追求しオーケストラが主体となって音楽を作り上げて行きたいと考える、新しい形の室内管弦楽団です。

  • - 第2回演奏会 -

    2019年4月14日(日)

    開演:14:00 (開場:13:30)

    三鷹市芸術文化センター 風のホール

     

    F. シューベルト ロザムンデ」序曲

       ( 劇付随音楽「魔法の竪琴」序曲 )

    J. ブラームス ヴァイオリン協奏曲

      ニ長調 作品 77

    R. シューマン 交響曲 第4番

      ニ短調 作品 120

  • ♫ ヴァイオリン ♫

    前田 知加子 

    神戸大学 1985 年卒業。ハートフォード大学音楽学部大学院 ヴァイオリン演奏科グラジュエイト・プロフェッショナル・ディプロマ卒業。 4歳よりヴァイオリンを東儀祐二氏、鷲見三郎氏に師事。同時に相愛大学音楽教室にて 聴音・ソルフェージュの指導を受ける。

    その後、林 泉氏、中山良夫氏、エマーソン弦楽四重奏団のユージン・ドラッカー氏に師事。 ジュリアード音楽院で指揮法をヴィンセント・ラ・セルバ氏に師事。 ニューヨーク、ハートフォード、グリニッジにて、ヴァイオリンリサイタルを開催。 相愛オーケストラ、神戸大学交響楽団、芦屋交響楽団、ハート交響楽団、新交響楽団、 オーケストラ・ニッポニカ、東京六甲フィルハーモニーオーケストラ、 東京六甲室内管弦楽団にて、ヴァイオリン奏者、コンサートマスターなどを務める。 グリニッジ交響楽団団員。

    東京六甲フィルハーモニーオーケストラと 2014 年より、メンデルスゾーン、ブルッフ、 チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲を演奏。

    2018 年東京六甲室内管弦楽団とベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲を演奏。

    「オペラの名曲」、「銀幕のクラッシック」など地域に密着したソロ演奏。

    2018 年アンサンブル・ヴィーノとコープランド、ストラヴィンスキーなど室内楽を演奏する。 三鷹、吉祥寺、立川でヴァイオリン、オーケストラの指導を行う。 三鷹ヴァイオリンの会主宰。宮地楽器講師。音楽コンクールヴァイオリン審査員。

  • これまでの演奏会

    第1回演奏会

    2018年2月25日

    三鷹総合芸術センター 風のホール

    L.ケルビーニ

     歌劇「メデア」序曲

    https://m.youtube.com/watch?v=2uSVKVVojSA

     

    L.V.ベートーヴェン

     ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

    https://m.youtube.com/watch?v=A1Nh81u4fEQ

     

    W.A.モーツァルト

     交響曲第25番 ト短調

    https://m.youtube.com/watch?v=ECN7fbSbvMY

     

    R.シューマン

     序曲 スケルツォとフィナーレ

    https://m.youtube.com/watch?v=J-u1lnvn_e0